シェムリアップでやったこと①アクティブ編

スポンサーリンク




遅すぎたがための功罪が押し寄せているけど、気ままに書いていくよ。

 

 

Hey Kids! It’s AKIRA!!

 

 

カンボジア編、毎日のことはもう書いていけないのでダイジェストでお送りします笑

 

今日はアクティビティ編!

 

 

①West Baray(8/6)

Angkor English Schoolの子どもたちと一緒にWesr Barayという湖?池?へ。

 

 

 

トゥクトゥクで30分くらいかけて進んでいく。空港のそばで飛行機の騒音がすごいのかと思いきや…

青い空、白い雲。目の前に広がる水がめが地平線を超えそうなくらい、空をも飲み込む勢いで広がっている。周りは緑が水を抱えているように取り囲んでいる。

 

 

 

 

こんなに広い湖の下で水遊び。水は透明なんて言えるものじゃないけど、炎天下の中でバシャバシャ泳ぐっていうのも気持ちいい!!僕も水着に着替えてから、子どもたちとバシャバシャ。

カメラがゃな防水じゃないから遠目から…

 

 

ちなみにあの浮き輪、空気の留め具がプラスチックではなくなんと錆びた金属!?

僕もおかげでそれで擦り傷を負ったくらい。。。

 

 

 

 

痛かったわぃ!!!

 

 

 

 

②カウチサーフィンで外国人と会う(8/11)

カウチサーフィンで「一緒にご飯しようよ!」という話があがり、行くことに。

 

そしてAngkor English Schoolの授業がすべて終わった日の夜、さて準備しようという時。僕の携帯が鳴った。

 

 

 

カウチの人
ごめん、体調悪くなって行けなくなったんだ。申し訳ない。代わりに別の人が行きたいって言ってるからさ、もしよかったらそっちに連絡とってあげるよ。きっと仲良くなれるよ。

 

 

 

 

会えなくなったのは残念だけど、また別の外国人に会えるという期待が生まれて行くことに。

 

 

楽しみだぁぁ!!

 

 

 

そして…カウチサーフィンはいかに。

夜9:00。お互いに夕飯を済まして待ち合わせ場所で会う。2人の女性だ。

 

女の子
「何か食べたいのある?」

 

 

と言われたが、その時は風邪をひき始めていて何を思っても到底お酒など…と思い

 

 

AKIRA
なんかカフェ的なのでのんびりしない?

 

 

 

男子の皆さん、言いたいことはわかってます…

 

 

 

ということで、ジェラート屋さんに行くことに。

 

 

いやー、女子会笑

「ここシェムリアップ!?」と言いたくなるほどおしゃれなジェラート屋さん。結構凝った味を取り揃えているらしく、コーヒーも用意してあった。

 

 

3人ともそれぞれジェラートを頼み…(1個150円くらい)

あ、僕はラムレーズン。

 

一人はマレーシア人、一人は台湾人(グレーT)、そして僕は台湾ぽい日本人。

 

マレーシア人の子が台湾に留学していた時に知り合ったのだそう。僕との会話は英語、そして彼女たちの会話は中国語。両方を仲介しているマレーシア人の子がすごい…

 

 

 

初めてなのでたわいもない話だけど、それでも英語が使えるようになるとこんなにも話せる人が増えるんだと自分で感心してしまうくらい、面白かった。

 

 

やっぱり物足りないよねー。

 

 

 

 

となり、結局僕らはパブストリートにある店でビール1杯をそれぞれ飲むことに。

we meet up!! It’s interesting!!! #couchsurfing

A post shared by Akira Nakayama (@feel_the.wind) on

こうやって外国人に会うというのもまた面白いものだ。

 

 

 

この後、高熱にうなるとはいざ知らず…

 

 

 

③戦争博物館(8/12)

シェムリアップの観光でアンコールワットともに行くべき有名な戦争博物館。

中心部からだと15分くらいのところにある。すぐ隣にはカンボジア軍の施設もある。

 

 

1970年代~1990年代のカンボジアはいわば虐殺の歴史。

 

東西冷戦に王国の一時的な崩壊、そして飢餓とジェノサイド(大量虐殺)。カンボジアの国民はみな何が正義なのかわからなくなってしまうくらい、逃げて逃げて生き抜いてきた。

 

 

逃げきれなかったものは非道な虐殺をされ、そうでなくても地雷によって手足を失うという末路。今の日本では考えられないほどのことが起きていた。

地雷の見本(当然だが信管はない)。

 

 

こんなもので無実の人が吹き飛んでしまう。僕らが授業でちゃんと勉強してこなかった太平洋戦争のことも思いながら眺めていた。

今でも一部の地域ではこのような地雷のマークが置いてあるようだ。

(もちろんこれは見本で、その先は池だったが)

 

 

 

これを眺めていると、なんだか宮崎駿の「風立ちぬ」さえも思い出される。

 

 

殺されるものだけでなく、殺すものもどんな思いだったのか…

 

 

 

 

そんな中、ある日本の家族(中国語も話していたから夫婦のどっちかが中国人かも)の男性の様子を見てしまった。

 

 

日本人であれば平和ボケで戦前の日本がしてきたこと、中国人であれば共産主義がしてきたこと(文化大革命とか)、もう一度知っていかないといけないと心の底から思った。

 

 

 

無知というか無礼というか、そんな観光気分でこのようなところに来るのはどうかと思ってしまった。

 

 

 

無知というのは恐ろしい。

 

 

戦争博物館のHPはこちら

(英語版なので注意)

 

 

 

④サーカス(8/13)

カンボジアで最後に見たもの。

 

 

サーカス!!

 

 

僕はC席(18USD)のチケットを事前に購入しておいた。

 

 

 

夜8時。サーカスの公演がスタートする。

うおおぉぉぉぉ!!!

 

 

 

サーカスの中には古典的なものだけかと思いきや、スマホを使ったシーンもあったり、コンテンポラリーダンスをしたりと、飽きないようにしっかりと出来ていた。

こんな息をのむようなシーンも、いざ決まると

 

 

ふぉぉぉぉぉぉーーーーーーー!!!!!

 

 

という観衆の拍手と歓声がドームを包み込む。

 

 

 

パフォーマンスが終わると写真撮影タイム。結構みんな覇気がありすぎてすごい!!

このサーカス、カンボジアの人たちの自立を目的に設立して、サーカスのメンバーになるための学校運営費はこのサーカスでの収入で賄われているのだとか。

 

 

「ちょっと刺激的なことを!」と思う人は支援すると思ってみるのもいいかと!

 

 

まとめ

将司さん、だるまありがとうございます!

 

カンボジア、休みという時間が実質4日程度だったけれど、それでも楽しいアクティビティができた。

 

 

とくに、カウチサーフィンは外国人と関わるのには最高のアイテムで、このシェムリアップだと結構会いやすいからいい!!

 

 

シェムリアップ、自然もそうだけどそれ以外も楽しいじゃん?

 

 

風の吹くまま旅をしよう。 Feel The Wind 

スポンサーリンク

「この記事いい!」と思ったらぜひシェアお願いします!

世界一周ブログランキングに参加してます。気が向いた時にでも、応援クリックお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 ポエムブログへ